演題募集

第29回日本コンピュータ外科学会大会演題募集要項

演題募集期間:2020年7月13日(月)〜8月17日(月)〜8月31日(月)​※受付を締切ました。多数のご応募ありがとうございました。

 

発表形式:シンポジウム、パネルディスカッション、一般演題、すべてにおいて「口演」の形式で発表していただく予定です。

​募集演題(カテゴリー)

【シンポジウム】

シンポジウム(1 )「本邦におけるロボット支援手術の今後の展開」
シンポジウム(2 )「手術ナビゲーションの新展開」

【パネルディスカッション】

「日本の医療機器開発を成功に導く人材とその育成方法〜様々な立場からの提言〜」

【一般演題】

  1. VR・AR・シミュレーション

  2. 手術ナビゲーション

  3. トレーニング

  4. 画像・AI・セグメンテーション

  5. ロボット・マニピュレータ

  6. 手術デバイス

  7. マイクロデバイス

  8. 内視鏡

  9. 手術場・環境システム

  10. 安全・評価

  11. レギュラトリーサイエンス

  12. ​その他

演題論文登録:下記登録フォームからのみ。事務局への郵送は一切不要です。

登録可能なブラウザは、Firefox、Google Chrome、Internet Explorer、Microsoft Edge、Safariです(最新バージョンを推奨)。

タイトルは和文全角で50文字以内、共著者は最大15名まで、所属機関は最大10施設まで、抄録文字数は和文抄録全角で400文字以内、で登録可能です。

登録には、日本コンピュータ外科学会の会員資格が必要です。日本コンピュータ外科学会入会案内ページ https://www.jscas.org/other/ )

 

演題登録後、続けて論文登録が可能です。下記執筆要項・入稿ガイドをご参照ください。

論文登録後、確認・修正画面にログインし、すべてが確実に登録されているか、必ずご確認ください。登録システムは、演題募集期間のみ利用が可能です。

※オンライン演題論文登録システムは、大学医療情報ネットワーク(UMIN)事務局の全面的な支援のもとに運営されています。

※論文は、日本コンピュータ外科学会誌22巻4号に掲載されます。発行は2020年10月末日頃を予定しております。特許申請等をご検討の方はご注意ください。

演題受領通知:演題受領通知は、演題登録時に入力されたE-mailアドレスに自動送信されます。お手元に届かない場合は登録が完了していない可能性がございます。受領通知が届かない場合は運営事務局までお問い合わせ下さい。

演題採択通知:演題の採択につきましては、演題登録時に入力されたE-mailアドレスへメールでお知らせいたします。(9月下旬予定)